日本の投資信託がダメな理由が、今明かされる!

日本の投資信託がダメな理由が、今明かされる!

長いことご無沙汰して、すいません。
m(_ _)m

今後はもっと頻繁に、この投信ブログを書きたい
と思います。

本日の日本経済新聞に、日本の投資信託の実態を
書いた記事があったので、ご紹介させていただきます。

私は以前からこの投信ブログで「日本の投資信託を
運用する人は、必ずしも投資の経験があるわけではない
人が運用している」と申し上げました。

ふらふら

それを裏付ける記事です。


以下で、日本経済新聞の記事のポイントを申し上げます:

------------------------------------------------------------------

1.記事では、三菱UFJ投信が扱っている、愛称「凄腕」
  という優秀な投資信託とそのファンドマネジャーだった
  人を紹介している。


2.「凄腕」は、2000年10月の運用開始から08年2月まで
  基準価格(分配金再投資ベース)では、約43%上昇
  している。

3.同じ期間、TOPIX(東証株価指数)は、約五%下落
  しているので、TOPIXをはるかに上回る。


4.その「凄腕」を運用していた優秀なファンドマネジャーは
  糸島孝俊氏。


5.しかし糸島氏は、2年半前から思うような運用ができて
  いなかった。

6.その理由は、社内で昇進したために、人事管理や若手育成、
  資料作成など、運用に全く関係ない仕事の多くを任される
  ようになった。

7.また運用は、チーム制になったため、糸島氏の力が発揮
  できない状態になっていた。

  (これを「サラリーマン・ファンドマネジャー」と確か 
   業界では呼びます。)


8.「日本の会社では、ファンドマネジャーとして力を発揮 
  できないので、糸島氏は三菱UFJ投信を去り、英系の
  ヘッジファンドに転職して、もう一度プロのファンド
  マネジャーとして再スタートをした。


9.日本の場合、ほとんどの投信運用会社は、証券、銀行、生保
  など大手金融機関の系列に属している。しかもそれら親会社で
  営業や人事など、運用とは全く関係のない仕事をしてきた
  人が、投資信託を運用するファンドマネジャーに就任することが
  珍しくない。

10.しかもファンドのトップは先の糸島氏のように、運用以外の
  仕事もやらされるため、運用に集中できない。

11.また親会社が投資信託を販売するため、親会社の都合や意向を
  組み入れざるを得ない。


12.アメリカでは、日本のような親会社に属さず、独立した運用
  会社がいくつもある。アメリカの三大投信会社、キャピタル、
  バンガード、フィデリティは、全て独立系。


13.親会社が存在しないので、良い運用成績を出して、顧客を
  獲得しる必要がある。

14.日興アセットマネジメントは、最近、こうしたサラリーマン
  ファンドマネジャーを排除する動きをし始めた。


15.フィデリティ投信社長から日興アセットマネジメントの
  社長兼最高投資責任者(CIO)になったビル・ワイルダー氏
  は、一人が一つのファンドを担当し、実力主義を前面に
  押し出す決定をした。


16.ファンドの担当者の雑用は減らし、報酬は運用成績に連動
  するシステムにした。


【第2部自立を阻むもの(3)
「凄腕」が去ったワケ(日本人とおカネ)】
2008/03/01, 日本経済新聞 朝刊, 1ページ より
posted by 15倍株発掘投資家 Kaz at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の投信がダメな理由

優秀な投信とファンドマネジャーのご紹介!

優秀な投信とファンドマネジャーのご紹介!

「優秀な投信と優秀なファンドマネジャーの解説」
の続きです。

「住信中小型株式オープン」の運用担当者である中谷
ファンドマネジャー
の解説をもう少し…。

中谷氏は、「朝日インテック」という会社もファンドの
中に組み入れいています


「朝日インテック」とは、血管治療関連の技術で、世界でも
非常に高い技術力を持っている企業
…だそうです。

私はまったく知りませんでした。

そして中谷氏は、今後の世界の株式市場の鍵は、アメリカの
住宅問題と欧米の金融機関が、今後さらに追加の巨額な損失を
出すか、という点だそうです。

これらが解決に向かうようだと、株価は大きく上昇すると見ている
そうです。

逆に、それらが悪化するようですと、いっそうの株安は避けられない、
と見ているそうです。

ちなみに、私(Kaz)は日本の株価は売られすぎで、超優良企業の株価は
すでに底値をつけ、反発していると見ています。


ということは、今後、日本の超優良企業がよほど、ひどい業績を
今年の5月とか10月に出さない限りは、日経平均株価が先日
つけた安値よりも安くなる事はないと見ています。


中谷氏が受けた取材は、昨年だと思うので、少々タイムラグがあり、
今は中谷氏の意見も私(Kaz)と似ているかもしれません。


さて、「JPモルガン・アセットマネジメント」が運用
する『JFザ・ジャパン』というのが、「日本株ファンドの
2007年の運用成績上位」の5位
につけました。

http://katsutoushin.seesaa.net/article/80448185.htmlb より

それについて解説します。

こちらの投信は、日経金融新聞には、ファンドマネジャーの名前が
載せられていないため、どういう方が担当者なのか、分かりません。

でも「JPモルガン」という外資系金融企業ですので、
やはりつわものが担当者だと推測します。


この担当者も、中谷氏と同じく、夏に銘柄を多く入れ替えたそうです。

その頃、日本の投信の多くは、輸出関連株の同じような銘柄にばかり
投資をしていて、どれも似たり寄ったりだったそうです。

そんな中、「JPモルガン」の担当者は、株価が高値に来た、
と思ったため、いったん外需関連株を売却して、内需関連の
優良株に買いを入れた
そうです。

これが正解だったのです!
posted by 15倍株発掘投資家 Kaz at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 優秀な投信は、これだ!

優秀な投資信託を狙え!勝ち組の投信はこれだ!

優秀な投資信託を狙え!勝ち組の投信はこれだ!

以前、優秀な投信について、書きました。

それが、以下です:

ぴかぴか(新しい)『逆風での勝ち組投資信託とは?その1』ぴかぴか(新しい)
http://katsutoushin.seesaa.net/article/80448185.html

その時「日本株ファンドの2007年の運用成績上位」
いうのをご報告しました。


しかし、その後、「それらの投資がなぜ優秀だったか」
書く予定だったのをすっかり忘れておりました。

大変失礼致しました。m(_ _)m


そこで、今日はそれら優秀な投信がなぜ2007年での投資で
成功をしたのか
をご報告申し上げます。手(チョキ)

当然、それらのファンドも、さわかみ投信に負けず劣らずの
投資信託だと言えるでしょう…


少なくとも今のところは。

さわかみファンドは、すでに何年にも渡って成功しているので、
 信頼性は非常に高い
と言えるでしょう。

 長年にわたって勝ち続けることは、非常に困難です。
 
 たまたま、1年だけ「上げ相場」に乗って儲ける投信や投資家は
 いますが、5年、10年と勝ち続ける投資家や投資信託は、本当に
 数少ないのが現実です。)ちっ(怒った顔)



『日本株ファンドの2007年の運用成績上位』で2位だった
住信アセットマネジメントの「住信中小型株式オープン」
について
まず申し述べます。

なお、ここで述べることは、日経金融新聞に出ていたことを
要約して述べております。

(もちろん、日経金融新聞さんの了解は得ております)

「住信中小型株式オープン」の運用担当者は中谷方彦
ファンドマネジャー。


2007年の中谷さまの成功の要因は、ライブドア・ショック以来、
下げ続けたネット関連株を夏場に思い切って、買いに入ったのです


買った銘柄は、ミクシィ(2121)とディー・エヌ・エー(2432)

これらの株は、9月の下旬、他のネット関連株や不動産ファンド株と
一緒に急騰しましたひらめき

それがなかったら、07年度は、ファンドの運用成績はマイナスだった
そうです。

(なお、日経金融新聞には、ディー・エヌ・エー(2432)の株価が
 急落したあとのことは、触れていないため、その後の
 中谷ファンドマネジャーの投資はどうなったかは書かれて
 いません。)


中谷氏がファンドマネジャーとして優秀な点は、ご自身で
きちんとした投資戦略を持っていること
でしょう。

中谷ファンドマネジャーの投資は、成熟企業と成長企業とに
分けて、それらを景気循環から見て、投資先を変えている
そうです。

日経金融新聞
「スクランブル:銘柄選択で格差の時代:逆風でも踏ん張る運用者」
2008年1月22日 20K面より




これを読んで「ファンドマネジャーが投身戦略を持っているのは、
あったりまえじゃん!」と思われるかもしれません。

でも、投資戦略を持っている投資家は少なくないと思います。

例えば、新興市場だけを常に追いかけている投資家がいらっしゃいます。

ライブドア・ショック新興市場が全て下落し続けています。その頃、
株価が上昇したのは、東証1部の企業です。


その流れが見えないと(私も当初は見えなかったのですが…)、
儲けるチャンスを逃しますし、その頃に新興市場に投資していたら
大損します。


また以前も申し上げましたように、株など良く分からない素人が
運用しているファンドが存在するので気をつけないといけません。


なお、「住信中小型株式オープン」の中谷ファンドマネジャーの
投資で唯一腑に落ちないのは、「中小型」であるのに、成熟企業にも
投資していること
です…。


まあ、勝てば官軍です!

続く




posted by 15倍株発掘投資家 Kaz at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 優秀な投信は、これだ!

さわかみ投信の澤上篤人氏、セミナーにて長期投資の極意を!

さわかみ投信の澤上篤人氏、セミナーにて長期投資の極意を!

さわかみ投信の澤上篤人氏は先週の土曜日、ラーニング
エッジ社主催の『ウェルス・マネジメン・エキスポ』という
セミナーにて、講演をされました
ひらめき

その講演にて、澤上篤人氏は長期投資の極意を話され
ました!


なおその講演は、他にも私の尊敬するぴかぴか(新しい)冒険投資家ジム・
ロジャーズ氏ぴかぴか(新しい)
や他の有名な方も出席されてました。

澤上篤人様、もちろん、澤上様も尊敬しておりますよ!手(チョキ)


私は残念ながらその日は、他の重要な用事があって、涙、涙で
『ウェルス・マネジメン・エキスポ』への
出席は諦めざるを得なかったのです…もうやだ〜(悲しい顔)


でも大丈夫です。

本日、日本証券新聞の5面にて、澤上篤人氏のお話が
載っていました!


要約すると、澤上篤人氏の非常に勉強になる『さわかみ投信』
の長期投資法についてのポイント
は、以下です!

---------------------------------


1.株価の暴落時に株を買うのを恐れてはダメだ!

2.円高、素材高は確かに影響はあるが、中長期的にみれば
  それほど大きな影響はない。

3.またそれらの影響があっても、跳ね返せる企業を発掘して
  そこへ長期株式投資をするべきだ。

4.世の中のニーズを読み、そのような商品やサービスを
  提供できる企業を発掘するべきだ。

5.企業の将来性と共に、その企業の5年後、7年後の利益を
  割り出して、割安だと判断して投資をするべきだ。

6.だから、セクターを基準にして投資をしてはいけない。
  見るべきは企業とその企業の将来性


日本証券新聞 2008年2月4日(月) 5面
『澤上篤人氏に聞く:個別企業の将来性で選別を』より


---------------------------------

『あれ?変だな?』と気付いた方、いらっしゃいますか?

もし変だとお気づきでしたら、あなたさまは、シャーロック・
ホームズ並みの注意力がある方ですね。ひらめき

ということは、長期株式投資をすれば、絶対に勝てる!

…勝てるかどうかは、別として、素晴らしい!


そうです!

今日は2月1日です。でも新聞は、2008年2月4日(月)付けです。

なぜなら、この新聞が配達されるのは、2月4日です。

でもキオスクでは、月曜日の日本証券新聞は金曜日に、
火曜日の日本証券新聞は月曜日に
、といった具合で
1営業日前に販売されるのです!

ですから、デイトレードや短期株式投資を毎日している
人(私のように)にとっては、日本証券新聞や株式新聞は、
毎日熟読すべきもの
なのです!

旬の情報を見逃さない!ということが株式投資には重要
なのですね。

そして、株式投資を7年もしていると、投資信託についても
アドバイスができる
、というわけです!

posted by 15倍株発掘投資家 Kaz at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | さわかみ投信(さわかみファンド)の投資法とは?

さわかみ投信は、企業経営者を重視しない!?

さわかみ投信は、企業経営者を重視しない!?

「さわかみ投信の澤上篤人氏の投資法」について、
今日はの最後です。

(もちろん、今後、また機会がありましたら、さらに詳細にお話
 すると思いますが、他のことも書きたいので、とりあえず今回の
 シリーズ「さわかみ投信の澤上篤人氏の投資法」として、
 「最後」という意味です。例えば「優秀な投信」など、ご紹介
 したいです。)

ただその前に、昨日の解説の付け加えがあります。

昨日、「さわかみ投信は、ROEの数字だけを見て投資をする
わけではない」
といった趣旨のことを申し上げました。

ROEについて、少々解説させていただきます。

ROE(株主資本利益率)は、多くの投資家が投資の際の指標として
重視しています。ひらめき

最も有名なのが、世界最強の投資家、ぴかぴか(新しい)ウォーレン・バフェット氏ぴかぴか(新しい)
でしょう。

バフェット氏は、ROEを非常に重視します!

ROEは「株主資本が効率的に使われているか」を見る指標です。

ROEとは、"return on equity" の略で、以下の式で計算します。

ROE = (最終利益 ÷ 株主資本)×100%

あっ!「アールオーイー」を日本語では読みます。

---------------------------------

さて、ここから「さわかみ投信の澤上篤人氏の投資法」
についてです。

さわかみ投信の澤上篤人氏は、企業経営者は
重視しないそうです


ええええ!!!!

ひえ〜!!!


これは結構、驚きです!

なぜなら、ウォーレン・バフェット氏も多くの投資家も、企業経営者を
重視するからです。

(ちなみに、私も重視しますわーい(嬉しい顔)
 え?
 ( ・_・)┌θ☆( >_<) カンケイアルカッ!)


ただ「さわかみ投信は、企業経営者を重視しない」と
申し上げると語弊があります。


重視しない、というよりは、「重視するのが難しい」と見ているのです。

澤上篤人氏いわく、日本企業の経営者というのは4年2期社長を務める
のが一般的だが、企業が大きく変わるには、8年から10年はかかる

とおっしゃいます。


ですから、8年前や10年前の投資が成果となって現れる頃には、
すでに社長は変わってきている、という意味です。

現在の社長は、今の会社の好業績に成果を示したとは、いえない、
ということなのです。


まあ、確かにそういうこともあるかもしれませんね。

なるほど、なるほど。
posted by 15倍株発掘投資家 Kaz at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | さわかみ投信(さわかみファンド)の投資法とは?
検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。